logo

日本HP、Hadoop向けに最適化したProLiantサーバ新製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月4日、スピード重視のデータ格納、解析に最適化したスケールアウト型サーバシステム「HP ProLiant SL6500シリーズ」のラインアップを拡充し、トレイ型サーバの新モデルを発表した。

 今回発表するのは、1Uハーフワイドサイズの「HP ProLiant SL335s G7サーバー」、1Uフルワイドサイズの「HP ProLiant SL160s G6サーバー」および「HP ProLiant SL165s G7サーバー」の3機種となる。

 新モデルは、大規模分散データ処理ツールとして普及しつつあるオープンソースソフトウェア「Hadoop」との親和性を重視し、ディスク搭載密度を強化した省電力、高密度サーバとなっている。

 従来のHadoop向けサーバは、大規模データ格納のために、ディスクの搭載密度は考慮しつつも、スケールアウトによる性能向上を前提に、デスクトップで利用される低スペックCPUや、メモリの拡張性に乏しい省電力、高密度サーバが専用機として開発されていたという。しかし、より大規模なHadoopクラウドを考慮した場合、さらなるディスクの搭載密度の向上とともに、より高性能なCPU、大容量メモリを搭載したサーバが、性能バランス、効率性の観点から必要になるとする。今回発表された新モデルは、HPがグローバルにビジネスを展開する、大手サービスプロバイダー向けに開発したHadoop用サーバをベースに、CPU、メモリ性能とディスク搭載密度のバランスと、汎用パーツの活用によるコストの抑制を考慮しており、企業におけるHadoopの本格活用に最適なサーバであると位置づけている。

 1UハーフワイドサイズのサーバトレイとなるHP ProLiant SL335s G7サーバーは、プロセッサに最大6コアの省電力AMD Opteron 4100シリーズを搭載。4Uシャーシに最大8ノードを搭載可能で、1ノードあたり実質0.5Uの省スペースを実現するという。また、3.5インチで4基、2.5インチで8基のディスクを搭載し、省スペース型ながら最大8テラバイトの大容量を実装可能となっている。合わせて、リモート管理チップ「iLO 3」により、遠隔からの高度な運用管理を支援するという。

 HP ProLiant SL160s G6サーバーおよびHP ProLiant SL165s G7サーバーは、ノードあたりのディスク容量密度を最大化した1Uフルワイドサイズのサーバトレイ。4Uシャーシに最大4ノードを搭載でき、3.5インチHDDを最大6本、最大12テラバイトのディスク容量を実現するという。プロセッサにはそれぞれ、インテル Xeon 5600シリーズ、AMD Opteron 6100シリーズを搭載。Hadoopだけでなく、HPCクラスタや仮想化プラットフォームなど、様々なスケールアウトやサービス用途にも利用可能なスペックを備えるとする。

 合わせて、オープンソースソフトウェア向けサポートサービスである「HP Open Service Standard」のサービスメニューとして、Hadoopコンサルティングサービスを拡充するという。同サービスでは、Hadoopの適用検討、システム設計から、導入、運用支援までの一貫したサービスを提供するとともに、Hadoopだけでなく同時に利用されるフリーOSや、オープンソースの監視、開発ツールも含めたトータルサポートを提供するという。さらに、Hadoopを活用するアプリケーションの拡大を狙い、パートナー、システムインテグレーター各社の製品、ソリューションとHadoopとの連携も支援するとしている。

 最小構成価格は、HP ProLiant SL335s G7サーバーが14万8050円より。HP ProLiant SL160s G6サーバーが19万1100円より。HP ProLiant SL165s G7サーバーが18万4800円より。Hadoopコンサルティングサービスの価格は個別見積もりとなる。

-PR-企画特集