パイオニア、楕円形ハウジング採用のヘッドホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは3月31日、インナーイヤー型ヘッドホン「SE-CE511」(CE511)、「SE-CE521」(CE521)の2機種を発表した。楕円形のハウジングを採用し、安定した装着ができるとしている。発売は4月下旬。価格はCE511が1300円、CE521が1600円になる。

  • 「SE-CE511」と「SE-CE521」

 両機種ともに、強磁力ネオジムマグネットを採用した口径15.4mmのドライバを搭載。高音質再生を実現したとしている。

 ボディカラーは、それぞれブラックとホワイトの2色を用意。右側の本体には赤色、左側の本体にはグレーのラインを入れたアシンメトリーデザインにより、左右の判別を容易にしたという。

 1.2mのコードには、絡みにくいエラストマーシースY型コードを採用。出力音圧レベルと再生周波数帯域はCE511が104デシベルで、20Hz~21kHz、CE521が106デシベルで13Hz~22kHzになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加