「BlackBerry PlayBook」、Androidアプリも使用可能に

Erica Ogg (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月25日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うわさは本当だった。カナダのResearch In Motion(RIM)は現地時間3月24日、発売が予定されている「BlackBerry PlayBook」はAndroidアプリの実行が可能だと発表した。

 PlayBookには、Javaで作られたBlackBerryアプリと「Android 2.3」向けのアプリを実行する2種類の「app player」が準備される。

 RIMの社長で共同最高経営責任者(共同CEO)のMike Lazaridis氏は声明で、「BlackBerry App World」からAndroidアプリもダウンロードできるため、「アプリの選択肢がさらに広がるとともに、このプラットフォームの柔軟さが示される」と述べている。

 RIMはアプリ開発者に対し、「APIの高い互換性」があることから、BlackBerry JavaアプリやAndroidアプリからPlayBookで稼働する「BlackBerry Tablet OS」への移植は簡単だと呼びかけている。

 RIMが最新タブレットでAndroidアプリを使えるようにすることを考えているという話は、1月から広がっていた。「BlackBerry Tablet OS」の基盤となるソフトウェアを開発するQNX Software Systemsの買収にRIMが多額の資金を投入したこと、またBlackBerryの開発者コミュニティーとRIMがずいぶん協力してきたことから、多くの人はこのうわさを信じていなかった。

 同じ24日、RIMは四半期決算を発表した。利益は前年同期比で32%増加しているが、次の四半期については懸念材料があるとも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加