logo

「みまもりケータイ」が3月26日に発売--利用者の居場所を特定

藤井涼 (編集部)2011年03月24日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは、子供や高齢者の利用を想定したみまもりケータイ「SoftBank 005Z」(ZTE製)を3月26日に発売する。

 みまもりケータイは、本体中央に大きなボタンを1つ配置したシンプルなデザインを採用しており、ボタンを押すだけで音声発信ができる。発着信は事前に登録した音声発信先1件と着信20件までに限定される。

 通話方法は、着信時の操作が不要でハンズフリー通話ができる「自動着信モード」と、ワンタッチボタンを押して通話を開始する「手動着信モード」の2種類から選択可能。また、ストラップを引くだけで鳴らせる防犯ブザーや、防水機能も搭載する。

 音声発信時や防犯ブザー利用時に、現在いる場所の位置情報をあらかじめ登録した電話番号に位置情報付きメール(SMS)で送信する。また、「位置ナビ」(月額210円)に加入すれば、いつでも家族などの携帯電話から現在地を確認できる。

 料金は基本使用料が月額490円。通話料はソフトバンク携帯電話やディズニーモバイル携帯電話への通話の場合、1時~21時まで無料、21時~1時までは30秒につき21円がかかる。SMS送信料は無料。

みまもりケータイ「SoftBank 005Z」

-PR-企画特集