logo

Mozilla、「Firefox」リリースサイクルを短縮へ--その狙いと影響 - (page 3)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月24日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラフト文書には、「この提案では、セキュリティアップデートはFirefoxのリリースごとに提供される。つまり、古いバージョンのメンテナンスはもう行われない。われわれが目標通りの頻度でリリースを行った場合、それぞれのメジャーアップデートに対してセキュリティ対策を施すことは現実的でない」と記載されている。

Firefoxロゴ

 もう1つの影響は、Chromeが実用化している自動アップデートという方針への接近だ。

 「この提案では、ソフトウェアアップデートについてのわれわれの態度を変え、アップデートをバックグラウンドで従来よりも自動的に実行し、ユーザーの行動を妨げる回数を減らすことも求めている。そうでなければ、firefox-betaユーザーにあまりにも大きな手間をかけさせてしまうことになる。ユーザーが自分のアップグレードプロセスを管理できるように、自動アップデートを完全に無効化できるオプションも用意する必要があるだろう」(ドラフト文書)

 Mozillaは既存のベータテスターコミュニティーから、50万人のテストユーザーと150万人のベータユーザーに参加してもらう計画だ。

 このスケジュールは16週間ごとに新しいバージョンのFirefoxを公開するよう設計されているが、ベータチャネルはより頻繁に公開されるため、理論的にはリリース頻度はさらに上がる可能性がある。ドラフト文書では、「このシステムでは、16週目に一般向けFirefoxリリースを出荷した後、6週間ごとに一般向けFirefoxを公開するという選択肢もある。だからといって、6週間ごとにリリースが公開されるわけではないが、その選択も可能だ」と述べられている。

 また、重要なセキュリティフィックスも、定期スケジュールとは別に公開される可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]