logo

UQ、被災地にノートPCとWiMAX端末を無償で提供

藤井涼 (編集部)2011年03月23日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは3月21日、東日本大震災の被災者や救援活動者に対し、ノートPCとWiMAX端末とネット回線を無償で提供する「WiMAX被災地支援プログラム」を開始した。

 同プログラムの第1弾として、インテル、ダイワボウ情報システムと共同で、仙台市内の避難所にPCとWiMAX端末のセットを無償で提供した。今回対象となった避難所は、仙台市若林地区の蒲町中学校、蒲町小学校、七郷小学校。仙台市宮城野地区の高砂中学校、岩切小学校、宮城NPOプラザ。仙台市名取地区の名取中学校、館腰小学校、名取市役所。

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・支援・事業継続

-PR-企画特集