外国人被災者向けのホットラインサービス--Skypeで音声通話

藤井涼 (編集部)2011年03月18日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシーマは、外国人被災者向けに24時間ホットラインサービスと通訳サービスを、3月14日から無償提供している。

 SkypeとMSNメッセンジャーの音声通話とチャット機能を利用したサービスで、外国人被災者の必要とする避難場所や食料配給場所、医療現場、安否情報などを英語で提供する。また外国人が役所や避難先職員、被災地の方とやりとりする際の通訳を行う。

 対象言語は、英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、北京語、広東語、上海語、韓国語、ヒンディー語、マラティー語、タイ語、インドネシア語、タガログ語など15言語以上。世界中から集まったボランティアスタッフの数は現在100名を超えるという。

 利用方法は、SkypeまたはMSN Messengerにログインしてホットラインへアクセス。オンライン状態のIDにコンタクト追加リクエストを送る。接続後、各国語で質問や通訳を行える。

 アカウントを持っていない被災者用のアカウントは以下の通り。

  • Skype ID:acima_guest、パスワード:acima123
  • MSN Messenger:acima_guest@hotmail.co.jp、パスワード:acima123

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・支援・事業継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加