大規模停電回避のために一層の節電を--海江田経産相が声明

藤井涼 (編集部)2011年03月17日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海江田万里 経済産業大臣は3月17日、予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとして、より一層の節電を呼びかける声明を発表した。

 17日は厳しい寒さの影響により電力需要が急増しており、計画停電を最大限実施しているにもかかわらず、東京電力管内における電力需要が16日の3250万kWを約400万kW上回るペースで推移している。

海江田万里 経済産業大臣(写真提供:大河原克行) 海江田万里 経済産業大臣(写真提供:大河原克行)

 その結果、17日の供給力は3350万kWであるが、午前中のピークの電力需要量は3292万kWとなっており、すでに需給はギリギリの状況となっている。この状況が続けば、1日の電力需要がピークを迎える夕方から夜にかけて需要量が供給量を大幅に上回り、予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるという。

 海江田氏は不測の事態を回避するため、夕方から夜にかけて、最大限の電力使用の抑制、不要不急の電気機器の使用停止など、これまで以上に節電へ協力するよう呼びかけている。

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・応援・事業継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加