logo

インテル、マイクロサーバ向け省電力プロセッサを発表

Jack Clark (ZDNet UK) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年03月17日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間3月15日のプレスイベントで、マイクロサーバ向けに設計された省電力プロセッサ「Xeon E3-1260L」と「Xeon E3-1220L」を発表した。マイクロサーバは、複数の小型シングルソケットサーバを1つの筐体に収めたもので、比較的狭いスペースで高密度の処理性能を実現する。

 Intelによれば、この新しいXeonシリーズは現在製造中で、熱設計電力(TDP)はプロセッサあたり20~45Wだという。Intelはさらに、15Wの「Sandy Bridge」ベースプロセッサを2011年の後半に、10W未満の「Atom」ベースプロセッサを2012年に発売するとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集