ドコモ、修理代金の減額や無料のデータ復旧--被災者向けに支援措置

藤井涼 (編集部)2011年03月16日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月15日、契約住所または請求書送付先が、岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県、千葉県、長野県、新潟県の一部地域の顧客に対して、以下の支援措置を実施すると発表した。

料金支払い期限の延長

 携帯電話などの利用料金をドコモショップ、コンビニエンスストア、金融機関の窓口で支払っている場合、3月請求分(2月利用分)について、請求書の支払い期限を、1カ月間延長する。

故障修理代金の減額

 破損や故障した携帯電話機の故障修理代金を半額とする。4月11日まで災害救助法適用地域のドコモショップで対応する。

水濡れケータイデータ復旧サービスの無料化

 携帯電話機が水濡れにより電源が入らなかった場合、FOMA端末から電話帳やメールなど携帯電話機内に保存されているデータを復旧してCD-Rに記録する「水濡れケータイデータ復旧サービス」。これについて、データ復旧成功時に請求する5250円を無料とする。4月11日まで災害救助法適用地域のドコモショップで対応する。

携帯電話機購入時の特別割引の実施

 携帯電話機の購入時、最大1万500円の特別割引を実施する。4月11日まで災害救助法適用地域のドコモショップで対応する。

一部手数料の無料化

 FOMAカードの再発行手数料の無料化などを実施する。FOMAカードの再発行については、4月11日まで災害救助法適用地域のドコモショップで対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加