logo

グーグル、震災の避難所名簿をPicasaで共有

鳴海淳義 (編集部)2011年03月14日 14時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは3月14日、震災の避難所で配布されている名簿を写真共有サービス「Picasa」で共有する取り組みを開始した。

 避難所の名簿を携帯電話のカメラなどで撮影し、「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」宛にメールするだけでPicasaにアップできる仕組みを整えた。メールの件名に「避難所名」を設定すると、その避難所名が自動的にPicasa上の画像の説明に入力される。携帯電話にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付すると、Picasa上で地図と一緒に表示できる。

 送信した画像は、Picasa ウェブアルバムで確認できる。

 グーグルは、名簿をアップロードする際に、避難所の管理責任者の承諾を得るように呼びかけている。投稿された情報は、今後、グーグルが提供している「パーソンファインダー」に入力し、検索できるようにする可能性があるという。

-PR-企画特集