logo

ウエスタンデジタルジャパン金森社長がコメント--「良いシナジー効果で便利な製品を」

加納恵 (編集部)2011年03月09日 18時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウエスタンデジタルジャパンの代表取締役社長である金森苧(あさお)氏は3月9日、新製品発表会において、Western Digitalの最新状況や今後の展開について話した。その中で「世間をお騒がせして……」と前置き、日立製作所のHDD事業を約43億ドルで買収したことについても触れた。

代表取締役社長の金森苧氏 代表取締役社長の金森苧氏

 Western Digitalは、米国カリフォルニアに本拠地を置くHDDメーカーだ。現在従業員数は6万3000人。約1年前にHDDの世界シェア1位となり、現在でもシェア31.1%でトップの座を維持している。

 「1980年代は70社を超えるメーカーがこの市場に参入していたが、現在では5社にまで減っている。それはHDD業界そのものが激しく厳しい世界であるということ。その中で弊社が現在の地位を得られたのは、幸運と偶然、そしてスタッフの努力があってこそだと思う」(金森氏)と話した。

 今回の買収に関しては「企業を買収するのは今回がはじめてという認識。現在5社あるHDDメーカーは、9月の買収をもって4社になる。これからHDD業界はより険しい道を歩むことになると思うが、良いシナジー効果を出すことで、より便利な製品を提供していきたい」(金森氏)とまとめた。

-PR-企画特集