logo

太陽、燃料、二次電池の最前線がわかるPV EXPO開催

加納恵(編集部)2011年03月03日 20時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太陽光発電に関する展示会「PV EXPO 2011~第4回[国際]太陽電池展~」(PV EXPO)が、3月2~4日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されている。今回は「バッテリージャパン~第2回 [国際]二次電池展~」(バッテリージャパン)、「FC EXPO 2011~第7回 [国際]水素・燃料電池展~」(FC EXPO)、「第1回[国際]スマートグリッドEXPO」(スマートグリッドEXPO)など、複数の展示会と同時開催となり、世界各国から2100社が出展した。

 多くのスペースを割いて開催されていた「PV EXPO」では、有機薄膜型、追尾型、色素増感型など太陽電池セルや太陽パネル用の架台などが展示されていた。変換効率を高めた新タイプの太陽電池や、発電しながら採光できるシースルータイプの太陽電池モジュールなど、最新モデルが並べられた。会場内には、中国パビリオン、台湾パビリオンといった海外メーカーのコーナー展開もあり、国際色豊かな出展内容となった

  • シャープは、新型高効率単結晶太陽電池を出展。受光面に電極のないバックコンタクト構造を採用している

  • エコフューチャーブースに展示されていたカラーデザインソーラーセル。文字や柄などをエッチング処理したアクリルボードをセルに付けることで、カラーデザインを実現しているという

  • グリーンテックでは、太陽電池シースルーモジュール「ソラピュア」を出展

 バッテリージャパンでは、部材・材料、二次電池、製造装置などに分かれて展示されていた。非接触充電やUSB充電など、コイン形二次電池の新たな充電方法が参考出品されたほか、蓄電池を再生し、再利用する機材が展示され、エコな使い方もアピールされた。

 このほか、スマートグリッドEXPOやFC EXPOでは、EV用の急速充電器や家庭用燃料電池などが数多く出展。家庭用燃料電池では、発電ユニット内の構造がわかるスケルトンモデルが展示されるなど、発電の仕組みがわかりやすいような配慮がされていた。

  • 日立マクセルではコイン形リチウム二次電池の非接触充電のデモを参考出品した

  • テルウェル西日本は、バッテリの再生技術を紹介した。新品バッテリ購入の半分以下でバッテリを再生できるという

  • 充電ステーションも数多く展示されていた製品のひとつ。写真はNECのもの。電子マネーを使った決済機能などを提供するとしている

-PR-企画特集