アマゾン、日本にデータセンター設立--クラウドサービスの国内展開を加速

冨田秀継(ZDNet Japan編集部)2011年03月02日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comの子会社でクラウドサービス大手のAmazon Web Servicesは3月2日、日本にデータセンターを設立したことを発表した。同日から日本語サポートの提供も開始する。数カ月以内で日本円での決済も可能になる予定。

 「東京リージョン」と呼ばれる国内のデータセンターは、グローバルでは5カ所、アジア太平洋地域ではシンガポールに次ぐ2カ所目のデータセンター。住所は明らかになっていないが、東京もしくはその近郊に設立されたようだ。

 Amazon Web Services事業を立ち上げ、現在はその統括にあたっているシニアバイスプレジデントのAndy Jassy氏はZDNet Japanの取材に対して「東京リージョンの遅延(レイテンシ)は1桁ミリセカンド」とコメントしている。

 Andy Jassy氏のインタビューは姉妹紙ZDNet Japanの記事「AWS幹部に国内データセンター設立の背景を聞く」を参照してほしい。

AWSの日本での提供価格(資料提供:Amazon Web Services) AWSの日本での提供価格(資料提供:Amazon Web Services)※クリックで拡大画像を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加