logo

レグザ用アプリ「RZタグラー」のAndroid版が登場--番組表を表示できる新アプリも

加納恵(編集部)2011年03月02日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月2日、スマートフォンやタブレットPCを用いて対応するテレビやBlu-ray Discレコーダーなどをコントロールする「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZタグラー」にAndroid版(バージョン2.1以降に対応予定)とPC版(Windows/Mac対応)を提供開始すると発表した。5月上旬から無料でダウンロードできる。

 RZタグラーは、スマートフォンを使って対応機器をコントロールするタッチリモコンに加え、録画番組の頭出し情報を作成できるタグリスト作成/タグリスト管理」ができることが特長。記録したタグは名前をつけて公開することで、おすすめ場面やお気に入り画面をほかのユーザーと共有できるとしている。現在iOS版が公開されており、Android版、PC版は追って提供されるとアナウンスされていた。

 また新アプリとして「RZ現在番組」「RZ見るナビ」「RZアートリモコン」の3つを発表した。いずれのアプリも年央をメドに無償で配布する予定としている。

  • 「RZ現在番組」

 RZ現在番組は、端末に現在放送されている番組のタイトルや放送時間などが一覧表示され、手元で番組チェックをしながらチャンネルを選択できるというもの。番組視聴中に裏番組の情報が簡単に入手できるとしている。対応機器は液晶テレビ「CELLレグザ」の「X2/XE2」シリーズと、同日に発表された新レグザ「Z2」シリーズになる。

  • 「RZアートリモコン」

 RZ見るナビは、DLNAのサーバ機能を持つ「レグザブルーレイ」とレンダラー機能を搭載した液晶テレビ「レグザ」の組み合わせて使用できるアプリだ。スマートフォン画面上の「レグザブルーレイ」の録画番組一覧から、選んだ番組を液晶テレビ「レグザ」で再生できるとしている。対応機器はZ2/ZG1/Z1/Z1S/ZS1シリーズになる。

 RZアートリモコンは、リモコン画面を好みのデザインから選んで使用できるというもの。発表会場では3種類のデザインが披露されたが、今後さらに種類は増えるとしている。対応機器はX2/XE2シリーズと、Z2シリーズになる。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集