logo

日立、倉庫管理システムをSaaSで提供--最短1カ月で導入

富永恭子(ロビンソン)2011年03月01日 20時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所(日立)は、SaaS型倉庫管理システム「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」のサービス申込み受付を3月3日から開始すると発表した。サービス提供は4月25日から。

 Sherpaは、ニチレイおよび日立が出資する、日立フーズ&ロジスティクスシステムズが提供している冷蔵倉庫向け業務用ソフトウェアパッケージ。冷蔵倉庫および食品物流センターなどで必要となる管理機能を備え、約100拠点の倉庫での利用ノウハウを結集しているという。比較的中小規模の企業が多い低温物流業界における、安価で高品質な倉庫管理システムへのニーズに応えるものとしている。

 Sherpa/倉庫管理クラウドソリューションは、DC(Distribution Center:在庫保管型センター)およびTC(Transfer Center:通過型センター)をはじめとした、食品サプライチェーンのさまざまな物流センターモデルに対応する。具体的には、約400機能からなる複数の業務グループ(サブシステム群)から、例えば在庫系サブシステムや請求・売上管理系サブシステムなど必要なものを選択することにより、組み合わせて導入することが容易になるという。これにより、新規荷主への対応を迅速に行えるとともに、現場作業効率の向上を図ることができるとする。また、外国貨物に対する輸入税の賦課を猶予したままの状態で蔵置する「保税」、「請求」、梱包された荷物の外見ごとに重量が異なる商品(食肉・魚など)を管理する「不定貫管理」など、冷蔵倉庫業界に必要とされる機能を含めて提供するため、導入後すぐに利用を開始できるという。

 同ソリューションは、国内最大規模の企業間ビジネスメディアサービスである「TWX-21」上でサービス提供することにより、セキュリティ、信頼性の確保とともに利用企業のシステム保守、運用業務を削減する。SaaS型でサービス提供することにより、データ移行ツールの設計、開発を行わず、インターネットVPNを構築しない場合、導入に要する期間が最短1カ月になるという。

 Sherpa/倉庫管理クラウドソリューションの提供価格は、月額10万5000円から。日立では、Sherpaについて2014年度までに400サイト、約30億円の販売を目指す。

◇日立のSaaSに関連する記事
東京ガス、日立のSaaS型グループウェアを採用
日立、自治体向けクラウド事業を強化--SaaSからプライベートクラウドまで提供
日立、SaaS型コンタクトセンターシステムの販売を開始
日立、連結納税ソリューションをSaaS化

-PR-企画特集