logo

サイボウズ、連結子会社のユミルリンクをアイテック阪急阪神に譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは2月24日、同社の連結子会社であるユミルリンクの株式売買契約を、2月28日付でアイテック阪急阪神と締結したと発表した。

 サイボウズは、同社が所有するユミルリンクの株式2万8173株すべてを、3億990万3000円でアイテック阪急阪神に譲渡する。今回の株式譲渡による2011年1月期の業績予想は、3月16日に公表する予定。

 ユミルリンクは、ASPおよびSaaS事業やソフトウェアプロダクト事業のほか、システムインテグレーション事業、ネットワークマネジメント事業を展開している。一方、譲渡先となるアイテック阪急阪神は、インターネット事業やシステム開発事業のほか、医療システム事業、技術サービス事業、ビル関連事業、アウトソーシング事業などを展開している。

 今回サイボウズは、同社のソフトウェア事業のグループウェア部門に、経営資源を集中するためのグループ再編の一環として、ユミルリンクの譲渡を決定したとしている。

-PR-企画特集