ドコモ、スマートフォン「MEDIAS」「Xperia arc」「Optimus Pad」を3月に発売

藤井涼(編集部)2011年02月24日 20時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月24日、スマートフォンの新モデル「MEDIAS N-04C」(MEDIAS)、「Xperia arc SO-01C」(Xperia arc)、「Optimus Pad L-06C」(Optimus Pad)の3機種を発表した。発売日は、MEDIASが3月15日、Xperia arcが3月24日、Optimus Padが3月下旬。

 MEDIASは、最薄部が7.7mm、重量が105gのスマートフォン。液晶画面は、傷がつきにくいCorning Gorillaガラスを採用した4.0インチフルワイドVGA液晶を搭載している。Android 2.2を採用しており2011年夏にOSのバージョンを2.3へアップデートする予定。また、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などの機能も搭載した。本体サイズは、高さが約127mm、幅が約62mm、厚さが約7.7mm(最厚部 約8.7mm)。カラーバリエーションは、MEDIAS BlackとMEDIAS White。

「MEDIAS N-04C」

 Xperia arcは、OSにAndroid 2.3を採用したスマートフォン。ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」シリーズにも採用されている4.2インチの「クリアブラックパネル」を搭載した。ソニー製裏面照射型CMOSセンサ「Exmor R for mobile」を搭載した810万画素オートフォーカスカメラも備えている。本体サイズは、高さが約125mm、幅が約63mm、厚さが約10.9mm(最厚部 約11.4mm)。重量は約118g。カラーバリエーションは、Misty Silver、Midnight Blue、Sakura Pink。

「Xperia arc SO-01C」

 Optimus Padは、8.9インチワイドIPS液晶を搭載したタブレット端末。OSにはAndroid 3.0 を採用し、1GHz Dual-Coreプロセッサを搭載している。別売りのHDMIケーブルを使って、フルハイビジョンの動画をテレビで再生することも可能。本体サイズは、高さが約150mm、幅が約243mm、厚さが約12.8mm(最厚部 約14.1mm)。重量は約620g。カラーはMat Blackのみ。

「Optimus Pad L-06C」

 同日の新モデル発表会で登壇したNTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏は、「2010年11月から確実にスマートフォンへのニーズが高まっており、市場は急速にスマートフォンへ軸足を移しつつある」とコメント。新モデル3機種を加えたスマートフォンラインアップと新サービスで顧客の幅広いニーズに応えたいと意気込む。

  • NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏

 また、近々Appleが発表するとうわさされている次世代iPadと、ドコモが提供するタブレット端末との市場シェアについての質問には、「勝った負けたではなく顧客による使われ方が重要」と強調。NTTドコモとして今後もAppleの端末の獲得はあきらめないとしながらも、Androidを根幹にした開発を続けていく姿勢を示した。

 NTTドコモでは、新モデルの発表に合わせてスマートフォン対応サービスの機能も拡充する。スマートフォンの電話帳データを定期的にドコモのサーバに自動バックアップし、必要に応じてデータを復元できるサービスを3月中旬に開始するほか、Androidマーケット上で日本円で販売されているアプリの購入代金をケータイ料金と一緒に支払えるサービスを3月下旬に開始する。

 また、今回発表した新モデル3機種向けに取扱説明書のアプリ「eトリセツ」を提供する。説明文からワンタッチで端末の設定画面や機能を起動できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加