次期「Windows Home Server」で廃止予定のDrive Extender、他社製アドオンで復活へ

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月21日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、複数のハードディスクドライブをまとめて1つのストレージにする「Drive Extender」機能を「Windows Home Server 2011」で廃止することを明らかにしているが、同様の機能をサードパーティー企業がアドオンとして提供する。

 Division-Mの「Drive Bender」が今週登場予定で、StableBitの「DrivePool」や、DataCoreの「Storage Virtualization」が続く。

 現状、MicrosoftのWindows Home Serverのアップグレードパスでは、同OSを新しいバージョンに切り替える前に、ホームサーバのすべてのデータを外部ドライブにコピーする必要があるが、これらのアドオンを使用すれば、現在の構成を保ったまま新バージョンへアップグレードできるようになる。

 Windows Home Server 2011の完成版は、2011年前半にリリースされる見込み。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加