logo

アップル、高速接続技術「Light Peak」の採用をまもなく発表か

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月21日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがまもなく新しい高速接続技術について発表すると、ある情報筋が米CNETに伝えた。

 その新しい接続技術が、まもなくリリース予定(うわさでは2月24日)とされる「MacBook Pro」のアップデートに含まれるのか、それとは別に発表されるものなのかは明らかではない。Intelは長年にわたって「Light Peak」という技術に取り組んでおり、実用化の過程で従来技術の利用が現実的になってきたという理由から、その最初のバージョンは銅回線をベースとする予定だと最近発表している。

 Appleは、この技術を近い将来採用するとみられている。ただし、Light Peakとは別の名称を使用するようだと、Appleの計画の中でも本件に詳しいある情報筋は述べた。Intelは以前、Light Peakを採用する最初の製品は2011年前半に登場するはずだと述べていた。

 Intelは、2009年の同社の開発者会議で最初にLight Peakをデモしたとき、Appleの「Mac OS X」を稼働するマシンを使用していた。

 Intelは当初、Light Peakは至高の接続技術であり、モニタ、外付けドライブ、スキャナ、プリンタなどの周辺機器とコンピュータとの接続に使用される多種多様なケーブルを、これ1つに置き換えることができるとしていた。しかし、Intel、そしてAppleは、少なくとも最初は、特定の接続プロトコルにターゲットを絞るつもりなのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集