日立マクセル、高密閉設計で音漏れしにくいカナル型ヘッドホン--アルミハウジング採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは2月14日、遮音性を高めた高密閉設計に、軽量かつ剛性に優れたアルミハウジングを採用したカナル型ヘッドホン「HP-CN45」を発表した。2月25日に発売する。店頭想定価格は4500円前後となる。

 HP-CN45は、直径13mmの大口径ドライバユニットの搭載により、小口径のドライバユニットに比べ、ダイナミックで迫力のある低音とクリアな中高音域の高解像度な音質を再現するとのこと。

  • 「HP-CN45」

 イヤーピースを装着するポート部分を楕円形にした「オーバル型ポート」を採用することで、高いフィット感を実現したほか、大口径ドライバユニットを斜めに搭載し、耳への装着感を向上した。

 1.2mのY型コードの分岐部分には、コードをまとめて固定する「からみ防止スライダー」を装備。イヤーピース部には、抗菌作用のある銀イオンを施すことで清潔感を高めた。

 本体カラーは、アルマイト塗装によるブラックとシルバー、ネイビーの3色を用意。メタル感を強調するスピン加工ととともに、高品位なデザインに仕上げたという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加