マカフィー、メールセキュリティSaaSを2月21日から--継続機能も提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは2月10日、メールセキュリティSaaS「McAfee SaaS Email Protection」を2月21日から提供すると発表した。インバウンドとアウトバウンドのメールトラフィックをフィルタリングする機能を備えた。

 ウイルスやワームの侵入を防護し、迷惑メール(スパム)をブロックして怪しいメッセージを隔離する。アウトバウンドのメールをフィルタリングすることで、機密情報の流出も防止する。管理者はオンラインの管理コンソール「McAfee SecurityCenter」を使用することで、メール保護設定をきめ細かくチューニングできるという。グループ単位でのフィルタリングポリシーを設定することで社内のポリシーを最適化すると同時に、スケジュール化されたレポーティング機能によるレポートの自動送信などにより、容易な管理が可能としている。

 同時に、SaaS Email Protectionの性能にメール継続機能を追加した「McAfee SaaS Email Protection & Continuity」も提供する。停電時やメールサーバのメンテナンス時でもクラウド内でメールを自動処理できるため、通信を維持できるという。

 11~25ライセンスの価格は、SaaS Email Protectionが1ノード4683円。SaaS Email Protection & Continuityが1ノード5743円。どちらもスタンダード・テクニカルサポートが含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加