logo

DEC共同創立者ケン・オルセン氏、84歳で死去

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月08日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Digital Equipment Corporation(DEC)の共同創立者であるKen Olsen氏が米国時間2月6日、84歳で死去した。7日にTwitterにOlsen氏の死去を伝える書き込みがあったが、同氏が役員を務めていたマサチューセッツ州ゴードンカレッジの広報担当が、これが事実であることを認めた。DECは1960年代から1980年代にかけて、「PDP」や「VAX」シリーズコンピュータによってミニコンピュータの時代をリードし、Data GeneralやWangとともにボストンのルート128の重要な部分を担っていた。

Ken Olsen氏 Ken Olsen氏
提供:Gordon College

 かつてDECの社員であり、表計算ソフトウェア「VisiCalc」の開発者の1人であるDan Bricklin氏はTwitterで、「今では当たり前になっていることも、Olsen氏が成したことだ」と述べている。

 Olsen氏がDECを率いていたのは、コンピュータが進化を遂げ、IBMなどが製造していた部屋1つ分ほどの大きさがある高額のメインフレームから、ミニコンピュータ(それでも大きな冷蔵庫サイズのキャビネットだったが)に移行した時代だった。DECはやがてCompaqに買収され、その後はHewlett-Packard(HP)の一部となった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集