WikiLeaksのアサンジュ容疑者の審理始まる--スウェーデンへの身柄引き渡しの要否めぐり

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部2011年02月08日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドンで現地時間2月7日、内部告発サイトWikiLeaksのリーダーであるJulian Assange氏の審理が始まった。審理は2日間かけて行われ、性的虐待容疑をめぐり同氏の身柄をスウェーデンに引き渡すべきかを判断する。

 弁護士のGeoffrey Robertson氏は、スウェーデンに身柄が引き渡されれば、同国での性的虐待容疑の裁き方に従い、Assange氏は非公開の審理を受けることになると述べ、「欧州の標準を考えると、スウェーデンの慣習は明らかに不公平」と主張した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加