logo

AOL、Huffington Postを買収へ--EngadgetやTechCrunchなどを集約したメディアグループ創設

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月08日 07時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLは米国時間2月6日夜、The Huffington Postを3億1500万ドルで買収し、両社のコンテンツを統合して新しいメディアグループを創設することで合意したと発表した。

 新組織の名称はThe Huffington Post Media Groupで、The Huffington Postの共同創設者であるArianna Huffington氏が統括し、EngadgetやTechCrunchなど、これまでにAOLが買収したすべてのコンテンツを提供する予定である。これによってAOLは、デジタルメディア業界を主導する企業の1社としての地位を取り戻そうとする同社の強い意思を世界に証明したい意向だ。

 Huffington氏は米国東部時間深夜に掲載された記事で、新しいメディアグループの読者数は、米国内で1億1700万人、世界中では2億7000万人になる見込みだと記した。

 今回の動きにより、The Huffington Post、Engadget、およびTechCrunchの統合に加えて、PopEater、Mapquest、Moviefoneといったその他のAOLのサイトも統合される予定である。つまりこれは、同グループによって、政治、技術、主婦向けの話題、自動車、映画などの情報を求める、ありとあらゆる範囲の読者層を対象にコンテンツを提供しようという構想である。これによって、Gawker Mediaといった、主流のオンラインメディア業界における他の有力企業らと渡り合える態勢が整うことになる。

 The Huffington Postは、最もよく読まれているオンラインサイトの1つで、政治、エンターテインメント、女性の問題に強いサイトであるとみなされている。TechCrunchは主要な技術ビジネスニュースサイトであり、Engadgetは世界で最も成功しているガジェットブログの1つである。AOLは今後、この3つすべてを傘下に置くことになる。

 AOLとHuffington氏は6日夜の声明で、Huffington氏がThe Huffington Post Media Groupの社長兼編集長に就任すると述べた。買収は、2011年の第1四半期末または第2四半期初めに完了する予定だと両社は述べている。

picture 提供:Huffington Post

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集