アップル、「iPad」の内蔵スタンドを検討か--特許出願書類で明らかに

文:Matt Hickey(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月07日 09時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期「iPad」またはその後継製品にはスタンドが内蔵されるかもしれない。Appleが出願した新しい特許には、折りたたんでiPad本体に格納可能なスタンドが示されており、これにより、スタンド付きのケースは不要になる。

 Patently Appleによると同特許には、デュアルヒンジのスタンドが示されている。これを広げると、テーブルなどの上でiPadを縦方向でも横方向でも立てることができる。特許には、内蔵型にするかどうかは任意と記されており、ねじ、吸盤、マグネットなどで取り付けられるのかもしれない。

 現在、このようなスタンドつきケースがeBayで多く提供されている。筆者が最近入手したものには、おまけとしてスタイラスがついていた。スタイラスといえば、Appleが特許出願していることが近頃判明し、話題を呼んだ。

 Appleの特許に示されたスタイラスは、ボールペンのような先端を持ち、伝導性ディスクのようなものの上を転がすことができるようになっている。ディスクはスタイラスの先端よりも大きいサイズになっていて、「iPhone」やiPadの容量性タッチスクリーンが検知できるようになっている。

Appleが出願した新しい特許
提供:Patently Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加