グーグル、Android 3.0とウェブ版Android Market発表--アップルの牙城を崩せるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月2日にカリフォルニア州マウンテンビューの本社でAndroid関連のイベントを開催し、「Android 3.0」とウェブベースの「Android Market」オンラインストアを発表した。

 Honeycombこと「Android 3.0」や新しいウェブベースのAndroid Marketについて、今回のイベントの内容と共に、これまでCNET Japanが報じたニュースを以下にご紹介する。

◇マウンテンビューの本社での発表の模様
【Android 3.0】イベントでデモ--披露された新グーグルOSの機能やデザイン
【Android 3.0】グーグル本社で見かけたHoneycomb対応アプリの数々
【Android Market】PCからアプリ購入可能に--Android端末版よりも詳細な情報

◇FAQ
FAQ:「Android 3.0」の新機能--タブレット向けOSの特徴は?

◇Android最新端末をレビュー
「Android 3.0」搭載タブレット「XOOM」を触ってみた--「iPad」との違いもチェック

◇Android Marketをレビュー
PC版でアプリを購入してau「IS03」で使ってみた--うっかり失敗も
PC版「Android Market」を探検してみた

◇Android3.0対応が予定される端末
日本国内の東芝やNECらメーカーに対応予定を聞いた
デルが「iPad」と同程度のサイズのタブレット製品を出荷か
モトローラのタブレット「XOOM」は2月に販売開始か
7インチタブレット「Dell Streak 7」はアップグレード可能
ASUS、7インチタブレット「Eee Pad MeMO」は4〜9月に発売予定
ASUS、物理キーボード搭載「Eee Pad Slider」は4〜6月に発売予定

◇イベントの先立ち明かされてきたHoneycombの正体
次期Android「Honeycomb」の紹介動画を公開
「Android 3.0」(Honeycomb)の公式ロゴを発表
「Android 3.0」(Honeycomb)の新機能

◇AppleとGoogleの攻防
Tim Cook氏がAndroid 3.0について言及
「iPad」と「Android」タブレットがモバイルアプリ開発者の関心の的
グーグルが語る、Android事業で成功するメーカーの条件とは
グーグルがモバイルアプリケーション開発者を募集
「iPad」がタブレット市場で首位を維持--「Android」が猛追
「Android」が世界のスマートフォン出荷台数で第1位に--Canalys調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加