logo

「60秒で利用可能」--Cloud Enginesが個人向けクラウド製品「Pogoplug」を国内発売

岩本有平(編集部)2011年02月03日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Cloud EnginesとソフトバンクBBは、2月4日よりパーソナルクラウドを実現するファイル共有デバイス「Pogoplug」の国内販売を開始する。Amazon.co.jpでオンライン販売するほか、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラの店頭で販売する。価格はオープンだが、市場想定価格は9800円。

 Pogoplugは、本体に接続したストレージを同一ネットワーク内やインターネット経由で共有してパーソナルクラウドを構築できる製品。4つのUSBポートを備え、それぞれにハードディスクドライブ(HDD)やフラッシュメモリの接続が可能。本体自体にはストレージを持たない。対応OSなどは以下の通り。

  • 対応フォーマット:NTFS、FAT32、HFS+、EXT2、EXT3
  • 対応ブラウザ:Internet Explorer 7/8、Firefox 3.5/3.6、Safari 4/5、Google Chrome 7/8
  • 対応OS:Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.5以降、Linux
  • 対応機器:Windows、Mac、Linux、iPad、iPhone、Android、Blackberry、Palm、Xbox 360、PlayStation 3

 同社が「わずか60秒」と語るほど、ネットワークの知識がなくても容易にセットアップできることが特長。Pogoplugにルータとストレージを接続し、ウェブサイト上でアカウントを作成するだけで、利用可能になるという。

  • 「Pogoplug」本体。正面にはUSBポート1つを備える

 購入後のサービス利用料は無料。WindowsおよびMac OS向けにはクライアントソフトが用意されている。これを導入すれば、Pogoplugに接続したストレージをPC上で認識できる。またiPhoneやiPad、Android、Blackberry、Palm Pre向けにはアプリも提供する。ブラウザ経由でもストレージ上の写真や動画、音楽にアクセス可能だ。サービスを運用するサーバは日本国内に用意し、運用はソフトバンクBBが担当する。

 友人や知人とのファイル共有機能も備える。ブラウザ上でファイルを選択し、Eメールを送付すれば、ワンクリックでファイルを共有できる。アクセス権を付与することでストレージへのフルアクセスも可能。また、USBやWi-Fiで接続したプリンタを使ってストレージ内のデータを印刷をする「クラウド印刷」もそなえる。

  • こちらは背面。3つのUSBポートとLAN、電源ケーブルを備える

 Cloud Engines代表取締役社長 兼 CEOのDaniel Putterman氏は、「2007年にiPhoneが発売された際、8Gバイトのストレージしかなかった。しかし私は家に私は1Tバイトのストレージがあった。これをiPhoneで利用するために、オンラインストレージを借りることを考えたが、価格を調べると500Gバイトで年1000ドル。私には高すぎると思った」とPogoplug開発の経緯を語る。

Cloud Engines代表取締役社長兼CEOのDaniel Putterman氏 Cloud Engines代表取締役社長 兼 CEOのDaniel Putterman氏

 DropboxやSugarSyncをはじめとして、パーソナルクラウドは注目を集めている。Putterman氏は、これらのサービスとPogoplugを比較して、「(運営会社の)倒産やクラッシュでデータはなくなってしまうが、Pogoplugはデータを自宅に格納している。また家と会社などで2つのPogoplugを利用すれば、自動でバックアップがされる」とその優位性を語る。さらに、「何らかの理由でCloud Enginesがサービスを提供できなくなった場合、ソースコードを公開すると宣言している」とした。

 またソフトバンクBB執行役員 コマース&サービス統括 CN事業推進本部 本部長の倉光哲男氏によると、今後同社ではPogoplugをパーソナルクラウドの基幹商品と位置づけて市場拡大を進めるという。法人へのサービス展開や月額課金型のサービス提供も検討する。なおソフトバンクグループとしては、BBソフトサービスがSugarSyncの国内運営を手がけている。Pogoplugの提供はユーザーにクラウドサービスの選択肢を拡大することが目的であり、競合する製品ではないという。

 Cloud Enginesは2007年に米サンフランシスコで設立された。開発拠点はイスラエルにあり、現在ハードウェアは中国および台湾で生産している。

-PR-企画特集