logo

リコー、「GXR」専用拡張ユニット1機種を新開発--ライカMレンズが装着可能に

坂本純子(編集部)2011年02月01日 21時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは2月1日、デジタルカメラ「GXR」の専用拡張ユニットとして、「GXR用レンズマウントユニット」1機種を開発したと発表した。2011年秋発売予定という。

 GXRは、レンズ、撮像素子、画像処理エンジンが一体となった「カメラユニット」を専用ボディに着脱することで、レンズ交換ができるユニット交換式カメラシステムだ。2009年12月18日に発売され、現在は4種類のカメラユニットが発売されている。

 このレンズマウントユニットには「ライカMレンズ」などを装着できるという。装着したレンズの光学性能を生かす設計となっており、撮像素子は、23.6mm×15.7mm(APS-Cサイズ 総画素数約1290万画素)のCMOSセンサ、新開発のフォーカルプレーンシャッターを搭載しているという。

 なお、2月9日から開催されるカメラと写真の総合展示会「CP+」にてデザインモックを参考展示するとしている。

-PR-企画特集