logo

メールの署名からアドレス帳を自動作成するアプリ「LISTER」にAndroid版

坂本純子(編集部)2011年02月01日 21時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルグループウェアは2月1日、名刺管理アプリケーション「LISTER」のAndroid版をリリースしたと発表した。Android Marketからダウンロードできる。先行してiPhoneとiPod touch版を2010年10月に公開しており、それに続く製品だ。

  • 「LISTER」のAndroid版

 LISTERは、メールの署名から名前や住所などを自動で切り出してデータベース化できる。アプリをダウンロードし、自身のIMAP対応のメールアカウントを登録すると、ソーシャルグループウェアのサーバを介して、メールの署名部分のみを自動的に抽出し、解析して住所や名前などの連絡先をデータベース化することができる。他のアプリのように名刺をスキャンする必要がなく、メールをもとに自動的に管理できるのが特長だ。

 リスト化された情報はクラウド(サーバ)に保存され、AndroidアプリやiPhoneアプリ、PCのどれからでも閲覧できる。

-PR-企画特集