ISCの「DHCPv6サーバ」にDoS攻撃を受ける脆弱性--v4サーバは影響なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月28日、Internet Systems Consortium(ISC)が提供する「DHCPv6サーバ」にサービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 4.0.x〜4.2.xのバージョンに「DHCPDECLINE」メッセージの処理に起因する脆弱性が存在するという。この問題が悪用されると、遠隔の第三者からDoS攻撃を受ける可能性があるとしている。

 ISCでは脆弱性を解消した最新版を公開しており、該当ユーザーはアップデートするよう呼びかけている。DHCPv4サーバは脆弱性の影響を受けないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加