パラレルス、クラウドサービスプロバイダ向けブループリントを無償提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パラレルスは1月27日、サービスプロバイダがクラウドサービスを迅速に立ち上げ、高い収益力を実現するための「パラレルス クラウドサービス事業者のためのブループリント」とそのホワイトペーパーの日本語版を無償で提供すると発表した。同社が培ってきた経験に基づいて作成されている。

 クラウドサービスの成長にともなってサービスプロバイダ間の競争が激化しており、適切で収益性の高いクラウドサービスを提供するための指針となる戦略を策定する必要性が高まっていることを受け、無償提供に至ったという。今回のブループリントは、競争の激しいクラウドサービス分野でサービスを迅速に立ち上げて優位性を確保し、収益性の高いサービスを構築するためのロードマップになるとしている。

 具体的には、プロビジョニング、インフラ管理、サービス統合などのクラウドサービス提供プラットフォーム全般で考慮すべき事項を明らかにしている。加えて、クラウドサービスを支える多種多様なコンポーネントやテクノロジープラットフォームの管理方法、セルフサービス機能の重要性、課金ビジネスモデル(従量制またはユーザベース)の導入などについても説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加