NEC、処理能力を高め省電力化したバックアップストレージ新製品

ZDNet Japan Staff2011年01月26日 16時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは1月26日、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」において、クラウドシステムへの対応を強化した新機種の販売を開始した。

 新製品は、ラックモデル「iStorage HS8-30R」、およびラックレスモデル「iStorage HS8-30S」の2機種。最新CPUの搭載に加え、内部制御を最適化することで、従来比で最大1.5倍の処理性能を実現しているという。これにより、高速なバックアップ、リストア処理が可能になっているとする。

 また、ディスクドライブを従来の3.5型から小型省電力の2.5型にし、省電力プロセッサとメモリを搭載することで、ディスク容量を維持しつつ従来機(iStorage HS8-20)比で最大44%の省電力化を実現している。そのほか、セキュリティ機能の強化やレプリケーション処理能力の向上(従来比3倍)が図られている。

 最小構成時の希望小売価格は、iStorage HS8-30Rが5000万円より。iStorage HS8-30Sが950万円より。いずれも価格は税別で、2月21日より出荷が開始される。

iStorage HSシリーズ ラックレスモデルの「iStorage HS8-30S」(左)と、ラックモデルの「iStorage HS8-30R」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加