The Document Foundation、「LibreOffice」最初の安定版をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月26日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Document Foundationは、「LibreOffice」の最初の安定版となる「LibreOffice 3.3」をWindowsおよびMac向けにリリースした。LibreOfficeは、オープンソースオフィススイートOpenOffice.orgをOracleが管理することに不満を持った同グループによって、2010年9月にOpenOffice.orgから派生したソフトウェアだ。

 LibreOffice 3.3の新機能はそれほど多くはない。SVGグラフィックファイルのインポート機能、プレゼンテーションを作成するためのコンソール、「Microsoft Works」のインポートフィルタなどだ。また、今後リリースされる「OpenOffice 3.3」の機能も含まれる。

 The Document Foundationの創設メンバーの1人であるItalo Vignoli氏は、「表に現れていない違いは非常に大きい。ソースコードがきれいになっている」と語り、2011年中ごろのリリースが予定されている「LibreOffice 3.4」では、違いが目に見えるようになるだろうと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加