logo

ソニー、ICレコーダーのエントリー機に新製品--SD対応へ

加納恵(編集部)2011年01月25日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月24日、ステレオICレコーダーに2機種の新製品「ICD-AX412F」(AX412F)、「ICD-BX312」(BX312)を発表した。「強力ノイズカット」機能やカードスロットを内蔵する。発売は2月21日から。店頭想定価格はAX412Fが1万円前後、BX312が6000円前後になる。

 両機種ともに2Gバイトの内蔵メモリとメモリースティック マイクロ、microSDカードスロットを備えたダブルメモリモデルだ。電源には単4形乾電池2本を使用する。

  • 写真左から「ICD-AX412F」と「ICD-BX312」

 AX412Fは、遠くの音や小さな音までクリアに集音する「Sマイク・システム」を搭載し、高感度で低ノイズの録音を実現するとしている。本体にはFMチューナを備え、FMラジオ放送を聞きながらの録音も可能。テープなどに録音した音声をかんたんにダビングできる「簡単ダビングキット」を付属する。

 BX312は、録音、再生という基本性能を重視したモデル。頭出しマークを付けられる「トラックマーク」やシーンに適した録音設定が行える「シーンセレクト」にも対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集