MMD研究所、高速データ通信接続比較を発表--UQ WiMAXがドコモのLTEを上回る

坂本純子(編集部)2011年01月24日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は、高速データ通信カードの接続スピード実測比較調査結果を発表した。2010年末にNTTドコモから国内で初めてとなるLTEサービス 「Xi」が開始されたことを受け、Xiと「UQ WiMAX」、「EMOBILE G4」を全国20カ所の主要都市で調査したもの。

 スピードでは、首都圏主要スポットや地方の主要都市を含めてほぼUQ WiMAXに軍配が上がる結果となっている。調査時の所感として、USBを接続してから回線接続までの時間が最も短かったのもUQ WiMAXという。数秒の差ではあるが、最もストレスなく快適に接続できたとしている。

 Xiは、LTEのサービスエリアが限られているが、3G モード(HSPA)への切り替えを含めて比較すれば、EMOBILE G4のエリアやスピードに迫る結果としている。

高速データ通信接続比較)高速データ通信接続比較(※画像をクリックすると拡大します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加