logo

「Ruby Version Manager」にエスケープシーケンスインジェクションの脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月18日、複数のRuby環境を管理するためのコマンドラインツール「Ruby Version Manager」にエスケープシーケンスインジェクションの脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 1.2.1以前のバージョンに、エスケープシーケンスインジェクションの脆弱性が存在する。この脆弱性によって、ユーザーの意図に反して悪意あるファイルを開く可能性があるため、端末エミュレータなどの画面に出力される文字列に任意のエスケープシーケンスが混入する可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

-PR-企画特集