logo

[ブックレビュー]その“問題設定”は間違っていないか--「イシューからはじめよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英治出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 248ページ / 英治出版 / 価格:¥1890 / 著者:安宅和人 / 外形寸法 (H×W×D):21.2cm×13.8cm×2.0cm / 重量:0.4 kg
内容:今ある問題解決が出来ず困っているなら「イシュー」を見直すことが大切と本書は説く。イシューとは何か?そして、問題解決のための出発点は間違っていないか?と、問題を根底から解決する手順を指南する。
Amazon.co.jpアソシエイト

 問題解決のために頭を悩ませ、時間をかけているのに解決法が見つからない。そのような状況に陥って、にっちもさっちもいかないのなら、それはそもそも「問題の設定」が間違っているのかもしれない。あるいは実はどうでもいい問題にかかりきりになっていて、時間をムダにしているのかもしれない。時間は有限だから本当に解決すべき問題に対して、時間を使いたい。

 本書で言う「イシュー」とは、単に「問題」という日本語に置き換えられるものではない。定義としては「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」であるという。すべてはこの「イシュー」の見極めから始まる。そしてより必要性の高いイシューに対して質の高い解を出すのが、プロフェッショナルの使命なのだとも。

 問題解決手法を紹介するだけの本は世に多いが、本書は出発点から違う。問題解決手法を使う前の段階、すなわちイシューの見極め方から始まり、最終的な問題解決の方法まで、段階を追って手取り足取り指南してくれるのだ。慣れていない人が迷うであろう事項も網羅されているので、読めば「これを教えて欲しかった!」と膝を打つことは間違いない。

-PR-企画特集