アドビ、「Flash Player」使用時のプライバシー保護を強化へ

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月14日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe SystemsのEmmy Huang氏は、米国時間1月12日のブログ記事で、「Flash Player」のローカルストレージ機能によって保存された情報をブラウザから制御するためのAPI、「NPAPI ClearSiteData」の実装が5日に承認されたと述べた。Huang氏によれば、このAPIを実装したブラウザは、同じくこのAPIを実装しているプラグインのローカルストレージを消去できるという。同APIは、Adobe、Mozilla、Googleなど主要企業の関係者が連携し、定義してきていたという。

 Huang氏はまた、Flash Playerの設定マネージャのデザイン変更についても作業を進めていると述べた。Flash Playerの将来のリリースでは、Flash Playerの設定やプライバシー設定の把握と管理が容易になるという。さらに、WindowsやMac、Linuxのコントロールパネルやシステム環境設定から設定マネージャに直接アクセスできるようにする予定だという。この機能は2011年の前半に実装される見込みだとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加