上海問屋、ハウジング部分に黒檀を使用したヘッドホン&イヤホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エバーグリーンは1月11日、木の材質にこだわり、ハウジング部分に黒檀を採用した折りたたみ式ヘッドホン「DN-HP820EB」とカナル型イヤホン「DN-ER136EB」を発表した。同社の通販サイト「上海問屋」にて、同日から販売している。価格は、DN-HP820EBが3999円、DN-ER136EBが1599円になる。

 両機種ともに、銘木として知られる黒檀(エボニー)をハウジングに採用。音質へのこだわりはもちろん、ハウジング部に黒檀の美しい木目が表れ、金属やプラスチックとはひと味違った個性を楽しめるとしている。

 DN-HP820EBは、ケーブルをヘッドホン本体から分離できる脱着式で、折りたたみも可能。また、プラグ部分にも黒檀を使用している。DN-ER136EBは、耳と直接触れるシリコン製イヤーピースが大中小の3サイズ付属する。

  • DN-HP820EB

  • DN-ER136EB

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加