logo

リコージャパン、社内で実績のあるEラーニング環境をクラウドで提供開始

富永恭子(ロビンソン)2011年01月11日 19時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコージャパンは、SaaSによるEラーニングサービス「学び維新〜eラーニング・クラウド〜」を1月21日より提供開始すると発表した。

 同サービスは、リコーグループで実践され、実際に成果の出ている改善、改革のノウハウをユーザーが抱える経営課題の解決に役立てるための「CISソリューション商品」として提供されるもの。2010年11月10日から提供が開始されている「工場維新」「オフィス維新」に続く「維新シリーズ」の新ラインアップとなる。

 学び維新では、Eラーニングのシステム環境を低コストで導入可能なSaaS形式で提供する。また、同グループで運用実績のある「コンプライアンス」や「情報セキュリティ」に関する7つのコンテンツ(教材)も同時に提供される。これにより、環境設定後、すぐに運用を開始できるとしている。

 また、ユーザーに必要なEラーニングの運用体制や、ユーザー独自のコンテンツを効果的、効率的に作成するためのポイントなどのノウハウもコンサルティングサービスとして提供するという。

 学び維新の提供価格は、初期費用が35万円、月額利用料は100ユーザー以上の場合、1ユーザーあたり370円。1000ユーザー以上の場合、1ユーザーあたり230円。リコージャパンでは、今後3年間で8億円の売上を目指す。

-PR-企画特集