日本IBM、JALとの情シス子会社JALインフォテック株式をJALに譲渡

田中好伸(編集部)2011年01月04日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは1月4日、日本航空インターナショナル(JAL)との合弁会社であるJALインフォテック(JIT)の保有株式(51.0%)をJALに譲渡することで合意したことを発表した。2011年6月末までに譲渡する。

 JALと日本IBMは2001年に「IT業務についての包括的提携」を締結。このアウトソーシング契約前後に日本IBMはJITに出資しており、2011年6月末のアウトソーシング契約終了後の動向が注目されていた。2010年1月のJALの経営破綻を受ける形で、アウトソーシング契約の見直しも進めていた。

 JALと日本IBMは、アウトソーシング契約を抜本的に見直した結果、システム運用業務領域については、日本IBMが提供してきた継続的な品質向上、生産性向上に対する取り組みを踏まえ、日本IBMが引き続きサービスを提供することで合意している。契約期間は2011年1月〜2014年6月までの3年6カ月となっている。

 JITは、これまでJALグループ向けの業務アプリケーションの開発や保守のほとんどを担い、業務とITにかかわるノウハウを蓄積している。JALのシステム刷新計画を円滑に推進し、JALの再生を確実にするために、JITとともにJAL本体のIT部門の立て直しが必須であると判断している。

 今後JITは、JALグループでITを支える中核的子会社としての位置付けを明確にしていく。グループ外に向けたサービス提供事業についても、これまで培ってきた外販ビジネスのノウハウをもとに、より一層高品質なサービスを提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加