アップル、WikiLeaks関連のアプリをApp Storeから削除

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月22日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「WikiLeaks」関連のアプリケーションを「App Store」から削除したことが明らかになった。

 今回削除された「WikiLeaks App」は、サードパーティー開発会社Hint Solutionsが作成した有料アプリケーションで、米国時間12月17日に1.99ドルでリリースされた。物議を醸しているWikiLeaksと@wikileaksのTwitterストリームへのアクセスを可能にしていた。TechCrunchは、同アプリケーションを説明するApp Storeに対するGoogleのキャッシュページのリンクを提供している。

picture 提供:Google

 Hint Solutionsのゼネラルマネージャーを務めるIgor Barinov氏は20日時点で、自身のTwitterフィードとTechCrunchに宛てた電子メールでWikiLeaks AppがApp Storeから削除されたことを認め、まだ詳細な説明は受けていないことを明らかにした。

 Appleの広報担当であるTrudy Muller氏は、同アプリケーションを取り除いた理由について、米CNETに対して次のように述べている。

 「このWikiLeaksアプリケーションをApp Storeから取り除いた理由は、同製品がAppleの開発者ガイドラインに違反しているからである。アプリケーションは各地域の法律を遵守していなければならず、また個人や特定の団体を危険にさらすことがあってはならない」(Muller氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加