「Google Maps 5.0 for Android」登場--3Dやオフライン機能が充実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月16日、3Dインタラクションとオフライン機能を備えた「Google Maps 5.0 for Android」を発表した。

 今回の発表で、Googleが最初に挙げている新機能が「3D」である。これまでのGoogle Mapsでは四角い小さなマップのセットを端末にダウンロードしていたが、これからはベクターグラフィックスを用いてデバイス上に動的に地図を描くことになる。そのため、指を使った地図のチルト、回転、ズーム、コンパスモードなど、これまでと違った3D地図の操作が可能になった。

 次にGoogleの発表の中で説明されているのが、オフライン操作時の信頼性だ。地図を動的に描くベクターグラフィックスを取り入れたことにより描画に必要なデータ量が劇的に減ったため、ユーザーの端末に、その人が最もよく地図を使う地域の地図をキャッシュできるようになった。これにより、オフライン状態でも地図の参照が可能となる。

 最もよく訪れる場所の地図情報は、ユーザーがWi-Fi接続すると、自動的にキャッシュされる仕組みとなっている。

 最後にGoogleが紹介しているのは、GPSナビゲーション機能を利用する人向けのオフラインリルート機能。最初にルート検索をする時こそネット接続が必要だが、その後、案内と違ったルートを進んでしまった場合には端末がオフライン状態でも新ルートを提示してくれる。この機能は今後数週間をかけて段階的に展開されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加