米ヤフー、一部サービスを閉鎖へ--「Delicious」も対象か

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月17日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooが規模縮小と経費削減のために実施するのは人員削減だけではないようだ。米国時間12月16日、Yahooが「Yahoo Buzz」「MyBlogLog」「Delicious」「AllTheWeb.com」「Yahoo Picks」「AltaVista」を閉鎖する予定だと記された同社のウェブキャストからのスクリーンショットが出回り始めた。また、ジオロケーションサービス「Fire Eagle」やイベント情報サイト「Upcoming」といったその他のいくつかの製品は統合されるという。

 このスクリーンショットは、Yahooの元従業員であるEric Marcoullier氏によって最初にTwitterに投稿された。同氏は、Yahooが買収し、今回閉鎖される予定のMyBlogLogの創設者であった。

 Yahooが発表した声明には、「われわれの組織的な合理化の一環として、業績が期待を下回る製品や戦略にそぐわない製品に対する投資を削減することにより、2011年以降は、われわれの中核的な強みにさらに注力し、新しい革新に資金を投入する」と記されている。「われわれは引き続き、われわれの製品およびサービスのポートフォリオの評価および優先度付けを実施し、Yahoo Buzzや『Traffic API』といった一部の製品を今後数カ月のうちに閉鎖することを計画している。具体的な計画については適切な時期に発表する予定である」(Yahooの声明)

 まもなく閉鎖予定のアプリケーションの1つにとして、Deliciousが含まれる可能性があることを悲しく思うユーザーは多いだろう。ソーシャルウェブの先駆けとしてニューヨークで創設されたブックマーキングサービスであるDeliciousは、「ソーシャルニュース」の将来性を最初に予感させたものの1つであり、今でもお気に入りのサービスとして愛用するユーザーがいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加