logo

米連邦控訴裁判所、警察の電子メール捜査には令状が必要との判決

文:Declan McCullagh(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月15日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦控訴裁判所は米国時間12月14日、警察が捜索令状なしでインターネットユーザーの電子メール記録を捜査することはできないとする判決を下した。これは1986年に令状なしでの捜査を許可したStored Communications Act(保管された通信に関する法律)の一部を無効とする重要な判例といえる。

 男性用精力剤に関する詐欺事件などの罪に問われているSteven Warshak氏の裁判で第6巡回区連邦控訴裁判所は、捜索令状なしに電子メールメッセージにアクセスすることは、「不当な」捜査や差し押さえを禁じる米国憲法修正第4条に違反すると述べた。

 同裁判所は、「電子メールと従来型の通信が根本的な部分では同様のものであることを考えると、電子メールの方が修正第4条による保護が小さいというのは常識に反している可能性がある」としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集