logo

グーグル、Android向け音声検索に「パーソナライズド認識」を搭載

文:Scott Webster(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年12月15日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月14日、「Android」向けの「Voice Search」(音声検索)アプリケーションをアップデートし、一層ユーザーの個性を反映した使用体験を提供できるようになった。ユーザーは今後、アプリ内のオプション設定でパーソナライズド認識を有効にすることにより、音声テキスト化と検索アルゴリズムの精度を向上させることができる。

 Google Mobile Blogによると、新機能を有効にすると直ちに音声入力された単語の関連づけを始めて、回を重ねるごとに改善されるという。要するに、Voice Searchを使えば使うほど、検索の精度が向上するということだ。

 パーソナライズド認識は現在、「Android 2.2」以降を米国で使っている場合しか機能しない。さらに、今のところ対応言語は英語となっている。対応国と対応言語は今後増える予定だという。

picture 提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集