シャープ、全国のコンビニで「GALAPAGOS」の購入申込書を配布--認知の拡大へ

坂本純子(編集部)2010年12月10日 19時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは12月10日、全国2万3758店舗のコンビニエンスストアにて、タブレット端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」 の取次を開始したと発表した。電子ブックストアサービスに最適化した製品だ。

  • イベントでは、GALAPAGOSの実機を展示した

 対象となるのは、全国のサークルK、サンクス(6256店舗)、スリーエフ(682店舗)、ファミリーマート(8015店舗)、ローソン(8805店舗)で、GALAPAGOSのカタログ兼購入申込書を設置する。

 カタログ兼購入申込書の設置場所は店舗によって異なるが、他のカタログと同様に店内もしくは店外に設置されるという。

 シャープメディアタブレット事業推進センターの笛田進吾氏は、「(予約の)反響はいい。今は、首都圏と大阪からの申し込みが多いが、コンビニエンストアに置くことで全国に認知が広がる」と期待を寄せる。

  • カタログ兼購入申込書

 従来と同様にシャープが直販する形式で、購入するには申込書に必要事項を記入して郵送するか、ウェブで申し込む。ウェブで購入する際には取次店が配布するカタログに記載される「キャンペーンコード」の入力が必須となっており、取次店に手数料が支払われるしくみだ。なお、支払いは、クレジットカードまたは代金引換払いとなっており、コンビニ払いには対応しない。

  • 店内に設置するケースもあるという

 今回の取次開始に伴い、都内数カ所でイベントが行われた。イベントを記念し、店頭に特設会場を設けて実機を展示し、説明員を置いた。ローソン四谷左門町店では、偶然通りかかったという男性が説明を受け、「コンビニにあれば、ついでにカタログを取っていくきっかけになる」と話した。

 なお、実機は現在のところ店舗に展示する予定はないという。また、カタログを置くという位置付けのため、端末に関する店員のサポートはない。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加