日立情報、給与明細の配信をクラウドサービス--閲覧方法は従業員が選択

富永恭子(ロビンソン)2010年12月09日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズ(日立情報)は12月9日、給与明細を電子化して自動配信する「モバイル給与明細配信サービス」を同日より提供すると発表した。

 モバイル給与明細配信サービスは、給与明細書を電子化してメールなどで配信するクラウドサービス。給与明細データをCSV形式で日立情報のデータセンターに登録することで、自社でシステムを導入することなく給与明細の電子帳票化から従業員への配信までを自動化できる。これにより、印刷、仕訳、配送、配布作業のコストを削減でき、自動化により人的ミスも防止できるという。また、紙使用量の節約や配送に伴うCO2の削減にもつながるとしている。

 給与明細の閲覧方法は、PC、携帯電話、ブラウザ、メール、PDFなどから従業員が選択できる。また、給与明細のほかに、源泉徴収票やシフト表など、さまざまな帳票の配信にも対応する。こうした付加価値を提供することで、派遣社員や店舗スタッフなど事務所に不在であることが多い従業員や退職者への給与明細の提供が容易になるとしている。

 モバイル給与明細配信サービスの提供価格は、月額費用が1ユーザーあたり30円(税抜)から。初期費用は個別見積りとなる。初期費用、月額費用は、対象ユーザー数や利用する帳票数などにより前後する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加