グーグル、Chromeパイロットプログラムを発表--ノートPC「Cr-48」配布

文:Dan Ackerman(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月08日 08時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月7日、Chrome関連イベントを開催し、「Chrome」パイロットプログラムを発表した。

 同パイロットプログラムでは、ハードウェアおよびソフトウェアのベータテスターとして登録してくれる人を募集している。Googleの「Chrome」セクションに行けば、応募方法に関する詳細な情報を参照することができる。Googleは、次のように述べている。

 Chrome OSは現在開発中である。われわれは、同OSを試用し、どのように改良すればよいかを指摘してくれる適切なユーザーを探している。

 パイロットプログラムへの各参加者には、Chrome搭載ノートPC「Cr-48」を配布する。各参加者には、これを定期的に使用し、われわれに詳細なフィードバックを送付することを期待する。

 パイロットプログラムの申し込みページには、「気の弱い人はパイロットプログラムに参加しないように。物事は、いつもうまくいくとは限らない」と付け加えられている。

 同プログラムは、「米国を拠点とする個人、企業、学校、非営利団体、開発者」を対象とし、「応募は18歳以上に限る」という。

 Google Chromeパイロットプログラムに参加したい人は今すぐ応募するとよいが、ノートPCの数に限りがあるため、多大な期待はしない方がよいだろう。

 配布予定のChrome搭載ノートPCの台数には限りがあるため、必ず適切なユーザーの手にわたるようにしたい。したがって皆さんの協力が必要である。すべてがまだ開発段階にあり、どこが問題なのか、何が足りないのかといった最良のアイディアをわれわれに提供してくれるのはたいてい、皆さんのようなユーザーなのである。

 Googleによると、Cr-48の仕様は以下の通り。

  • 12.1インチディスプレイ
  • フルサイズキーボード
  • クリックが可能な大型タッチパッド
  • ワールドモード3G
  • 802.11n Wi-Fi
  • 連続使用可能時間:約8時間
  • 連続スタンバイ可能日数:約8日
  • ウェブカメラ
  • SSDハードドライブ

Google Cr-48 Google Cr-48
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加